時間 プログラム 目的・内容
8:15 始業準備


スタッフミーティング
(朝礼)
テーブルセッティング、利用者の名前札準備、清掃、お茶・菓子準備、備品・設備のチェック

挨拶・社内連絡・行事予定・申し送り伝達事項の徹底・訓示等
8:30 送迎開始 新しい送迎予定情報を送迎スタッフに伝達(待機)
前日のルート確認に基づき、安全運転厳守。家族からの連絡事項を聴取し運行日誌へメモ、内服薬所持・忘れ物の確認、トラブル発生時は
事務所へ連絡し調整をはかる(送迎スタッフ)
9:15 プログラム開始(到着)
健康チェック
着順に手洗い・テーブルにつき喫茶〔緊張緩和・水分補給〕
連絡帳を回収し記載内容確認、薬のチェック、血圧・検温・脈拍の測定、問診し体調把握・必要時Dr報告(NS)
9:30 朝の集い 挨拶、点呼、本日の日付・行事予定報告、今日は何の日、ニュースの話題等を語る(見当識の補正)
リハビリ開始順番まで、TV鑑賞や雑談等で親睦深める
9:45 リハビリ開始




集団レクレーション
(アソビリテーション)

医師の診察
(看護師が補助)

順にホットパック配付しPTによるリハビリ(物理・運動療法・指導)
物理療法 目的:鎮痛・消炎(ホットパック・干渉波・SSP等)
運動療法 目的:活動前の準備運動・身体機能の維持回復【関節可動域訓練・筋力強化・腰痛体操・起立歩行訓練・協調運動訓練】

リハ終了者が増えたところで、スタッフによる集団機能訓練【リズム体操・頭の体操・連想ゲーム・道具を使ったゲーム等】


全ての利用者が月に一回の頻度で診ていただけるよう調整し、健康相談と問診・視診・聴診行い、医療機関受診機会の調整や検査を薦めたり利用者の健康管理に資する指導を施行(当日の治療・投薬は不可)
11:45 食事の準備 利用者を手洗い・トイレ誘導しテーブルについていただき、嚥下体操
スタッフ・栄養士が協力して配膳準備を行う
12:00 昼食





浴槽の給湯
配茶・配膳・体位調整エプロン装着、スプーン配付等でセッティング
本日のメニュー発表(栄養士) いただきます!の号令
食事介助・摂食支援・摂取状況の把握(記録)・誤嚥防止の見守りゆっくり食事がとれる雰囲気をつくり、事故を未然に防ぐこと

目的:適切な栄養の供給・食事訓練
13:00 入浴 洗身・洗髪・衣服着脱・移動移乗の介助または見守り(入浴スタッフ)
目的:身体の補整・入浴することによる温浴効果を期待
洗身の自立・家族介助困難の支援・身だしなみ、整容

入浴後は、水分補給をすすめる(フロアスタッフ
13:30 イベントタイム





サービス担当者会議
各種行事への参加【年間行事・慰問団体によるショー・バスハイク】
集団レクレーション〔ゲーム・スポーツ・カラオケ等〕
作業療法〔手工芸・園芸・陶芸・素材を使った創作活動・オヤツ作り〕
目的:楽しみ・生きがい・対人交流・全身調整・情緒安定・巧緻動作訓練等利用状況を観察しながら通リハ記録・連絡帳記入を行う(NS)


居宅ケアマネ・利用者・家族らと利用状況の報告確認や今後の在宅生活について計画をたてる(医師の出席できない場合、資料を基に)
利用者一人につき、半年に一回の割合で開催、スタッフ1人参加
15:10 おやつ・茶話会

伝達事項連絡

帰宅準備
手洗い後、着席促しオヤツとお茶の配膳

連絡帳の配付(家族への伝達事項の確認) 連絡事項発表
一日の反省・帰宅準備(排泄誘導・持ち物チェック

配車確認・送迎順の連絡
15:45 送迎開始 車内まで安全に誘導・移乗介助、残った方々の対応
ドアつめ予防・シートベルト確認し安全運転
16:20 送迎終了 待機スタッフにてフロアー・トイレ・浴室の清掃、備品の整理行う。
終礼・利用者記録記載・ケアプラン作成・明日の準備・レク材料製作。
明日の送迎ルート確認・送迎時間の変更あれば利用者へ電話で報告

をご利用いただくためには、介護保険の認定が必要です。
電話096−320−1320までお気軽に、ご相談下さい。